グレイスケール

概要

画像をモノクロ画像にします。

実際には輝度をRGBの各要素の値とする処理を行います。



標準パラメーター

標準パラメーターはありません。

パラメーター

パラメーターはありません。

使用時のコツ

グレイスケールでモノクロ化した後に、色調補正を行えばセピア調の画像にすることができます。

また一般に、元画像を単にモノクロ化するのではなく、トーンカーブ補正などを用いて階調を調整すると、より印象的なモノクロ作品に仕上げることができます。

元画像(1,004,581 bytes)を回転・縮小したもの。

以下の各サンプルも、元画像から処理して縮小した結果です。



単純にグレイスケールで処理した画像です。



グレイスケールで処理した後に、階調・色調補正の色調補正でセピア調にしました。

このサンプルは、明度尊重、補正角度 324、補正強度 10 で色調補正したものです。



階調・色調補正のトーンカーブなどを使用してハイコントラスト化した後に、グレイスケールでモノクロ化した画像です。

実際にはグレイスケール後に階調・色調補正を行って大凡のパラメーターを決め、元に戻るでグレイスケール前の状態まで戻し、残っている色調・階調補正のパラメーターをそのまま利用し、その後に改めてグレイスケールを施しました。

単純にグレイスケールでモノクロ化した後にトーンカーブでハイコントラスト化しても、ほとんど同じ結果が得られます。





「ピンぼけ・手ぶれレスキュー解説」トップに戻る