シャープフィルター

概要

画像の局所毎に周辺とのコントラストを増幅して画像をシャープに見せるフィルターです。 アンシャープマスクとほぼ同様の処理を行いますが、極めて単純なフィルターです。

対象の画像次第ではありますが、全域の局所コントラストが高くなることにより強く施すと画像がざらついた感じになるので注意が必要です。 控え目の効果で使用することをお勧めします。



標準パラメーター

標準パラメーターには初期値のみ用意されています。

この初期値の状態では、かなり強い効果を生じます。



パラメーター

比較範囲・効果の2個のパラメーターがあり、シャープフィルターを選択するとコントロールパネル(画面右側)に表示されます。



比較範囲

シャープフィルターを施す方法を指定します。

効果

施す効果の強さを指定します。

使用時のコツ

一般的なケースでは、シャープフィルタよりは、アンシャープマスクの使用をお勧めしています。 シャープフィルターが比較範囲が固定(但し、ピンぼけ・手ぶれレスキューでは3通りの比較範囲を用意しました)であるのに対し、アンシャープマスクなら処理半径が可変であることと、下限値などの機能を活用できることから、同程度の効果を得るためにはアンシャープマスクの方が画質の荒れを少なく留めることが可能です。

また、ピンぼけ・手ぶれレスキューでは輪郭強調やクリアエッジフィルターもシャープネス補完に使用できますので、状況に応じて最適なフィルターを選ぶことをお勧めします。



「ピンぼけ・手ぶれレスキュー解説」トップに戻る