直線的手ぶれ補正フィルター 


【 手ぶれで段差になった輪郭がすっきり 】

  元画像   直線的手ぶれ補正フィルター処理後  
     
     
     
  パラメーター → ぶれ方向 290、ぶれ幅 6.5、効果 100
上段は2分の1縮小後一部分のみトリミング、中段は原寸のまま一部分のみトリミング、下段は2倍拡大後一部分のみトリミング
 
  元画像SVGA (50,130 bytes)   処理後SVGA (56,019 bytes)  
  元画像 (703,163 bytes)   処理後全体 (663,191 bytes)  


直線的な手ぶれ現象の生じた画像を補正します。 手ぶれの方向と幅を指定して実行しますが、手ぶれの速度バランス(軌跡上の各点の重み付け)などは自動解析を行い、その結果得た情報に従って画像を補正します。

【 ディテールに精細感 】

  元画像   直線的手ぶれ補正フィルター処理後  
     
  パラメーター → ぶれ方向 319、ぶれ幅 7.0、効果 75
2分の1縮小後一部分のみにトリミング
 
  元画像SVGA (85,481 bytes)   処理後SVGA (98,006 bytes)  
  元画像 (393,960 bytes)   処理後全体 (234,241 bytes)  


【 少しピントが甘い気がするのは、微かな手ぶれのせいかもしれない 】

  元画像   直線的手ぶれ補正フィルター処理後  
      ←(注) 全体画像の1/7縮小版で、差を見つけるのは困難です
     
  パラメーター → ぶれ方向 120、ぶれ幅 2.0、効果 100
上は7分の1縮小版、下は原寸のまま右目の周辺のみにトリミング
 
  元画像 (708,577 bytes)   処理後全体 (579,010 bytes)  


【 手ぶれ・ピンぼけ複合の、大ぼけ画像を総合的にレタッチ 】

  元画像   直線的手ぶれ補正フィルター処理後   次にフォーカスエイドフィルター   色調・階調などもレタッチして完成  
         
  パラメーター(直線的手ぶれ補正フィルター) → ぶれ方向 300、ぶれ幅 10.0、効果 100
パラメーター(フォーカスエイドフィルター) → ぼけ幅 10.0、起伏強調 50、効果強調 50、ノイズ抑制 ON
すべて7分の1に縮小
 
  元画像VGA (36,441 bytes)   処理後VGA (42,353 bytes)   処理後VGA (44,991 bytes)   処理後VGA (52,811 bytes)  
  元画像 (252,491 bytes)   処理後全体 (143,587 bytes)   処理後全体 (128,517 bytes)   処理後全体 (149,208 bytes)  


「ピンぼけ・手ぶれレスキューのご案内」に戻る